「いよいよ彼に別れ話をする」と決めた時に心得ておくべきこととは

MENU

「いよいよ彼に別れ話をする」と決めた時に心得ておくべきこととは

 

長い間悩んでいた彼への別れ話、いよいよ決意する時が来ました。
できれば修羅場にならないように、大人の別れをしたいですよね。
彼に別れを告げる際に心の準備をしておくポイントとはどのような点でしょうか。

 

所要時間を決める

 

別れ話は後から「そう言えば」などが蘇ってしまい、ダラダラと深夜まで続いてしまうこともあります。
別れると決めたらその日は所要時間をきっちり決めましょう。
基本的には5分〜10分程の短い時間で終わらせるようにします。
その後は別々の方向に向かって帰れるように、場所もきちんと調べておきましょう。
彼の家の近くで分かれ話しをして、すぐにタクシーを拾って帰るというのも良い方法です。

 

余計な話題は一切しない

 

別れるとなったら、最初に要件を切り出しましょう。
前置きや謝罪もその場では必要ありません。
「自分は別れたい」「理由はこうである」その二点をしっかりと伝えるだけで良いでしょう。
謝ると追いすがられたり罪悪感で決心が鈍ってしまいます。
その代わりに男性から非難されることがあっても黙って受け入れる覚悟をしておきましょう。

 

ボディタッチはしないこと

 

映画やドラマで「お願い分かって」と肩に手を置いたり、最後に握手したりするシーンがありますが、次には男性から暴力に近いスキンシップを求められる可能性があります。
男性の身体に触れることは絶対に避けましょう。
また、怒りのあまりに豹変して暴言を吐いたりする男性もいます。
別れを切り出すのはできれば昼間の時間帯で、公園や河べりなど比較的人通りの多いところにするのが良いでしょう。

 

おわりに

 

話し方があいまいだと「別れたくて迷っているだけ」としか受け取って貰えないこともあります。
別れる以上は誰でも避けては通れないことですので、しっかりと彼に考えを伝える様にして下さい。